FC2ブログ

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

1231

タミヤF40製作記(その2)  


’このブログを読まれている方にお知らせ’

前回書いた記事ですが、ヒンジの作成方法について追記しましたので

もしよろしければ再読してください。



こんにちは。

もう年の瀬も年の瀬、12月31日の更新です。

冬の初めは「暖冬」だって言ってたのに異常に冷え込む日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

ウチのアビもすっかり冬支度してます。12-31-2.jpg
猫は砂漠地帯原産の動物だから寒さにめっぽう弱いんですね。


模型仲間に誘ってもらったコンペ用の模型も完成して、冬休みはずっとF40作ってます。

最近仕事が忙しくて、年明けもプロジェクトの予定がみっちり詰まってて

残業祭りになるのは確実なので、この冬休みにどれだけ進められるかが勝負のカギ!

前回はヒンジの切り取りとパテ整形まで行ったので、今回はヒンジを付けていきます。

まずドア、今回はヒンジを取り付ける柱があるので、前回のフルパカ編で紹介した

「コの字型ヒンジ」で行こうと思います。

まずドアのヒンジを付けるところを検討つけて10mm位の印をつけます。b12-31-1.jpg


(今回は柱の端から2mmくらい)

印の上下に0.6mmピンバイスで穴を開けます。


で、コの字のヒンジを作る。

いつもは0.4mm真鍮線でヒンジ作成するのですが、今回はなんとなく0.5mm使いました。

正直、こっちの方がしっかり感があるような気がします。

そして今回は+αでドアのロック保持機能を付けます。

まず0.5mm真鍮線でこういう形のばねを作ります。12-31-12.jpg

で、ばねの広がってる部分がヒンジを押さえるようにとりつけます。

12-31-13.jpg
写真だと片方が外れてますが、実際は両方がヒンジの内側に入れるのが正解です(写真撮りなおせよ)。

ばねが広がろうとする力でヒンジをおさえるんですね。

このばねは前回紹介した「自動車模型フル開閉化編」で紹介されてるのをそのまま使わせてもらいました。

ドアはとりあえず形になったので次はリアカウルのヒンジです。

このキット、標準でリアカウル開けるヒンジが付いてるんですが、

なんかかっこ悪いのと、全然ちりが合わないのとで新造することにします。

写真では見にくいですが、天井リアカウル側ぎりぎりに内径0.6mm真鍮管を取りつけたら

0.5mm真鍮線を通します。12-31-5.jpg

両サイドをくにっと曲げてリアカウルが引っ掛かる耳にします。12-31-7.jpg

しかしこのヒンジ、スペース不足で自由度がかなり限られてててヒンジの調整のしずらいことしずらいこと

調整を何度も何度もやり直しました(真鍮線がぐにゃぐにゃに曲がってるのはそのため)

どうしてもチリが出来る場所は0.05mmプラぺーパーを貼って溶きパテを盛ってチリを詰めます。

ある程度妥協できるラインまで来たら次はフロントカウルのヒンジです。

基本は同じ、フロントシャシー前端に真鍮管を付けたら真鍮線を通します

が、今回はフロントカウルが上にいったん出りあがってから前に開くようにします。

じゃないと車高が低すぎてフロントが地面に干渉して開かなくなるので。

真鍮管を中心軸に円弧を書くように動くようにするため、写真のような形のヒンジを作ります。12-31-8.jpg

じゃあフロントカウル側はどこにヒンジ付けるんだって話ですが、

ちょうどフロントカウルフォグランプ下にぎりぎりで付けられるスペースがあったのでそこにくっ付けます。
21-31-4.jpg

これでフロントカウルが真鍮管を中心に円弧上にせりあがって開くヒンジが出来ました。

さて、ここまで開けちゃったのでついででリトラライトも開けることにしましょう。

ドアと同じようにリトラライトも切り取ったら0.5mmプラバン箱組でライトユニットを作ります。12-31-9.jpg
リフレクターとガラスは後で作ります。

ヒンジはこういう形で作ります12-31-17.jpg

ドアのヒンジのちっさい版ですね。


これで全部ヒンジが付いたので一旦開け閉めして様子を見ます。

12-31-11.jpg
12-31-10.jpg


…ちょっと怪しい所もありますがとりあえず形にはなりました。

フルパカモデルはこの瞬間がすごくほっとするんですよね。

ここで問題なければ後は普通に組みあがりますから。



フルパカ改造にちょっと飽きたのでちょっと脱線、エンジン足回り関係作っています。

まずサスペンション、まず元のサスのモールドを削り落とします。
12-31-14.jpg

ここで元のサスのモールドと同じ太さくらいの真鍮線を用意します。

真鍮線をコンロであぶってやって焼きなますと固かった真鍮線がくにくに曲がるようになるので

削り落としたサスのパーツに焼きなました真鍮線を巻きつけてスプリングを作ります。12-31-15.jpg

これでちょっと立体感のあるサスが出来ます。

12-31-16.jpg
エンジン製作過程は普通に組んだだけなので省略。

と、ここまでが2014年の進捗状況。

これで進捗30~40%位でしょうか、まだまだ問題山積みです。

3月の大会までに間に合うかなあ。


スポンサーサイト

Posted on 2014/12/31 Wed. 16:58 [edit]

CM: 6
TB: --

« 1/48 AIRFIX SUPACAT COYOTE  |  自動車模型フル開閉化の研究 »

コメント

こんばんは!
高級車はやはりエンジンが命ですね。非常に難しそうです。ドアの開き方など様々な部分が独創的なのでフル開閉もハエますな!
今年もお世話になりました!来年も共に完成品を増やしましょう!!

同志99 #- | URL | 2014/12/31 22:52 * edit *

デル他さん、こんばんわ~

今年も残すところ30分…
デル他さんにとって今年はどの様な年でしたか?

僕にとって今年は数年ぶりのプラモ再開で
デル他さんと知り合いカーモデルに興味を持ち始め
趣味の分野では非常に良い年になりました

ここ数か月でストックがエライ事になってますが
老後の楽しみの為の先行投資って事で処理完了です


F40、制作進んでますね~!
いつもどうりの伝統工芸匠の技!!
エンジンのパイピングとかもするんでしょうか?

この前の大会作品も凄いマシンでしたが
今回のはそれを上回るスーパーカーになりそうな勢いですね
一緒に並べて恥ずかしくないマシンになるよう僕も頑張ります


今日はチョイ質問があります
昨日、オーバーレブ総本山にてAMTのメイヤーズマンクスをゲットしました
(僕の住処は大阪と和歌山の県境です)

早速中身を拝見…
説明書には部品番号あるもののランナーには番号なし…
このメーカーのは全てこんな感じでしょうか?

部品控えめなんでなんとかなりそうですが
これで部品多いと結構やばそうな感じです(。_。)

それからもう一つ…
今回のキットにはハンバーガー屋のペーパーモデルが入ってました
他のキットにも何かオマケ入ってるんでしょうか?

アメプラは奥が深いなぁ…

それでは来年も宜しくお願いします~♪

P,S
過去の作品見ました~
アメプラは独特のオーラがあってカッチョイイ!!

アビちゃん、カワイイ

キヨ #- | URL | 2014/12/31 23:35 * edit *

同志99様 コメントありがとうございます。

真鍮線は自由に曲げられて強度もあるので

様々な形のヒンジが作れてすごく便利です。

カーモデルはエンジンがあると無いとでは

見栄えが全然違いますよね、

でエンジンがあるとついついフルパカしていまう。


旧年は大変お世話になりました今年もよろしくお願いします。

デル他 #- | URL | 2015/01/01 17:55 * edit *

キヨ様 コメントありがとうございます。

模型の人間関係で嫌な思いしたり、作業が思うように進まなかったりと

2014年は個人的に模型運が無い年だったような。

もっとも、キヨ様と出会えたことは大きな収穫でしたが

2015年はそういうの振り切って飛躍の年にしたいですね。


メイヤーズマンクスですか!いいですねえ!

ビートル改造バギーの中でも抜群の可愛さで

組み立てるとめちゃくちゃ可愛いんですよね。

部品ランナーに番号が無いとのことですが

今調べてみると、1970年代とかに設計されたキットは

そういうキットがあるみたいですね(でも大概のキットは番号ふってあります)


しかし、そうすると説明書に書いてある番号はいったい何なんだろう?

その順番で組めってことなのかな。


メイヤ―ズマンクスはおまけが付いていましたか!

アメプラってけっこうおまけがついてるキットがあって

1940ウィリスドラッグレーサーとかだと実車の写真集やステッカー

がおまけで付いてきました。

キヨ様の買われたキットはおそらく1970年代初頭の設計だと思うんですが

その頃のアメ車キット(特にショーカーホットロッド系のキット)

はそういうペーパークラフトのおまけがつくキットが多かったらしいです。

サーファイトってキットは海の家のペーパークラフトが付いて来たりとか。

アメ車模型はそこらへんも遊び心があって楽しいんです。


遅くなりましたが、旧年中は大変お世話になりました

今年もよろしく願いします。

デル他 #- | URL | 2015/01/01 18:14 * edit *

デル他さん、こんばんわ~
新年あけましておめでとうございます
ビール飲んで笑ってはいけない見終わってのんびりしてます

メイヤーズマンクス、あのマシンは子供の頃から好きなマシン♪
いつかゲットしようと思っていたら某模型屋にあったのでお迎えしてしまいました

屋根やバギータイヤ、ファイヤーパターンデカールが付属しており非常に楽しめそうな内容です

ランナーの番号なしは古いキットでは無い話ではないみたいですね
パッと見た感じではどの部品かわからないのもチラホラ…
プレスリー仕様もランナー番号無しなんかな!?
説明書に番号があるので謎が深まるばかりです

ペーパーモデル、古いキットには付いてるのもあるみたいですね~!
想像してないオマケ付属はホンマ嬉しいもんです

他のペーパーモデルも欲しいなぁ~

ハンバーガー屋はトレーシングペーパーに写して木かプラ板で作り直そうかな…
想像は膨らむばかりです(原本使うの勿体無い…)

アイテムチョイスにも国産メーカーにはない遊び心があり
大会やイベント参加時にはインパクトを与える事ができそうです

それでは、今年もよろしくお願いします~

キヨ #- | URL | 2015/01/01 22:51 * edit *

キヨ様 コメントありがとうございます。

子供のころから好きだったキットが手に入るとすごくうれしいですね。

何よりそういう古いキットも定期的に再販してるアメプラはけっこう親切!

日本の模型メーカーも見習ってほしいですな特にバ○ダイとかバ○ダイとか

パッと見分からないのは勘で作るか

先にわかるパーツだけで作って行って最後の方であまったパーツを

検討つけて組んでいくしか無さそうですね。

おまけ、キットのままで組むのが嫌なら、

コンビニとかでカラーコピーして使って見てはいかがでしょう?

アメプラは基本シュリンクパックされてるので

中におまけが入ってるかどうかは確認できないんで

事前に調べてあたりを付けて購入しないとおまけの入手は難しいですねえ。

70年代のショーカーとかは入ってる率がちょっと高いみたいですが。

ぶっ飛んだアメプラキットは展示会に持っていくとけっこう注目浴びますよ。

デル他 #- | URL | 2015/01/02 09:21 * edit *
コメントの投稿
Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。