FC2ブログ

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

1030

リンク追加のお知らせ その2  



始まってまだひと月未満のこのブログですが、

大変嬉しいことに相互リンクのお誘いを受けました。

そのブログさんの名前は

同志の不束プラモブログ


ブログオーナーの同志99さんはブログの記事からも分かるように共産主義圏系AFVキットモデラーさん

関西のコンテストでも複数回賞を受賞されて、作品が大阪ボークスに多数飾られている

関西ではかなりの知名度を誇るモデラーさん。

最近ではAFVのみにとどまらず、様々な作品にチャレンジされていて、

なかでも圧巻はその超絶技法を駆使した錆廃車模型!

この写真を見ていただければ何も言わなくても分かりますよね。doushi2.jpg


dousi1.jpg

関西オートモデラーにてお披露目された廃車スクラップジオラマ。

退色表現のために200回以上!ウォッシンングを繰り返してなんとも言えない奥深い質感が与えられた車たち

リムまで丁寧に再現されたホイール。

ランチェロにエドセルと超マニアックなキットの選択

もう見てるだけでお腹いっぱいです。


会場でこのジオラマについて丁寧にあますことなく解説してくださった同志99様に感謝!!

(同志99様その節は大変お世話になりました)


そんなモデラーさんと相互リンクなんてしちゃっていいんでしょうか。


先日のさんさんろくさんといい、同志さんといい、上級モデラーさんたちと相互リンクしていただいて…

これからは気を引き締めてブログの更新して行かないと。


スポンサーサイト

Posted on 2014/10/30 Thu. 21:30 [edit]

CM: 0
TB: --

1028

第2回関西オートモデラーの集い その1  

先日、本屋でモデルカーズ立ち読みしたら自分の作品が載ってる…

5844.jpg

まさか雑誌に載るとは…。

ということでブログ立ち上げ記念、撮ってきた写真供養という意味で、モデルカーズでも取り上げられるホットな

                「第二回関西オートモデラーの集い」

イベントリポートをお届けします(もう2か月も経ってるけどね)



去る8月31日快晴の日曜日、年に一度の関西カーモデラーの祭典が大阪ボークスにて開催されました。

会場に着くと開始30分前からすごい人!ボークスの前に黒山の人だかりが。

開場と同時にみんなが会場になだれ込み、見る見る間にカーモデルで埋まっていく机机机!

関西オー集はトライアル第0回第1回と参加してきましたが、以前は正直作品と作品の隙間がかなり大きかった…。

それが今回は自分の作品を飾る場所があるのかどうかも怪しい参加人数、会場も熱気むんむんです。

2555.jpg


↑作品がぎちぎち



では作品紹介に移っていきたいと思いますが、会場では終始誰かと喋っていて写真を撮る時間も無いほど。

ということで写真が少ないのはご容赦ください(マテや)


まずは

8999.jpg

(おそらく)フジミの1/16 F40。 形にするだけでも大変な暗黒期フジミの作品をここまで綺麗に仕上げてくるとは、

なんかすごい愛を感じます。

ちなみに横にちらっと写ってるのは タミヤ1/12エンツォにフルチューンのRB26を乗せたえげつない作品。

じゃあなんで写真で紹介しないんだってえと、撮った写真がもろピンボケだったという。

5555555.jpg

これはあれです!アレアレ!あのトップギアで有名なやつ! なんか痴呆入った大阪のおばちゃんみたいな

喋り方になってるのはこの車のこと良く知らないから。 もちろんフルスクラッチです。

25811.jpg

トヨタ2000GTスーパーGT仕様。どえらい手間暇と工作技術の作品ですが、あまりにも工作の完成度が高すぎてまるで普

通のタミヤのキットを見てるみたい。不思議な感覚になる作品でしが。

18444.jpg



モデルカーズでお馴染みの鵜飼さんの作品。さすが綺麗にまとまってますね、マベリックってチョイスも渋くていい感じ。

それよりも会場にいらした鵜飼さんが長身超イケメンでびっくりだった。


25846.jpg

雅ビルヌーブ様のフルオープンポルシェ911 73RSR ターボボディとナローボディを切り貼りして作ったボディに破たんの

無いフルオープン改造、そしてとてつもない手間暇をかけて作られた917用ディスクブレーキユニット。会場での注目度も

抜群で終始人だかりが絶えない作品でした。

8945.jpg

僕の過去作、エンスーポルシェ911 85カレラとともに記念撮影。

89544.jpg

018.jpg

そしてLexus222さんのフル開閉アルファード。スライドドアが可動式になってるわ、

しまいには椅子が可倒式になっているというギミック満載でほんとにもう参りました。


…などとお伝えしてきましたが、レポート第一回はここまで、また気が向いたら第二回を書きます。

Posted on 2014/10/28 Tue. 21:25 [edit]

CM: 0
TB: --

1027

相互リンク追加のお知らせ  


まだ始まって一か月未満という超弱小ブログな訳ですが、

以前から気になっていて、このブログを立ち上げる際にも色々と参考にさせてらった方と相互リンクさせていただけることになりました。

そのブログの名前は 

 サガミノクニノモータース


ブログを見ていただければお分かり頂けると思いますが、独創的で合理的なパーツ流用、改造に加え、

豊富な実車知識に基づいたキットの完璧な考察、分析。

それらの融合によって一見ごちゃごちゃと汚い印象になってしまいがちな「引っ張りハの字」の改造車モデル

をすっきり抜群のセンスで作成されています。

作成キットもさることながら、氏の的確なキットレビューも一見の価値あり。

更に驚くことはこれらのキットは全て筆塗で仕上げられているということ。

筆塗りも極めればここまで行くんですね。

ぜひ一度リンク欄から遊びに行ってみてください、きっとびっくりしますよ。



そして最後に、相互リンクのお願いを快く受けてくださったさんさんろく様にお礼申し上げます。



Posted on 2014/10/27 Mon. 18:43 [edit]

CM: 0
TB: --

1025

amt 1/25 Shelby GT350 1967  

現在ビネットに使ってるカーモデルの紹介でも。

もともと希少キットだったこのキット、久々に再販されると聞いて発売後に模型屋を探したものの何処にも置いてない…。 

そんなときに大阪日本橋ジョーシンに普通に積んであるのを発見、即レジへ。

77.jpg

パッケージがクソかっこいい。


ボンネットが開いてエンジン再現はアメリカ製カーモデルの定番ですがこのキット、少しの加工でトランクも開くようになっててトランク内装も再現されてるというこだわりキット。

これはもうドアもあけちゃってフル開閉化するしかないでしょう!

トランク開けるついでに2時間で左右2枚、ドアもぱぱっと切っちゃって終わり!88.jpg

なんて言うか、ホイールが残念な出来ですねえ…。

超絶技巧派な人は他社キットのリムを持ってきてカッチョエエホイールに改造したりしてますが、そんな技術も無いしめんどくさいしで今回はそのままキットの味を生かすっていうことでそのまま使います。

で、エンジンパイピング、内装にシートベルト、フロアカーペット追加、トランク内装追加、ドア内張りの新造等を行ってどんどん形にしていきます、シャシーが完成した時の画像がこちら。66.jpg


ちなみにこの内装色、ネットで探してた時にぽっと出てきたGT350レプリカ車両の内装色を参考にしましたが、純正でこの色があったかは不明です。この方がフル開閉化で内装見せるときに派手で面白いのでこっちにしたという関西的ノリ。

後はストライプをマスキング塗装で再現、内装と同じくドア内張りを新造したりヒンジ自作したりしたボディをパカッと載せて

112.jpg

22.jpg

44.jpg

55.jpg


「マッスルカーになんでホワイトリボンなんだよ!」って声が聞こえてきそうですが、これもまあ模型の色合い的にこっちの方が面白いかなと思いまして。

ちなみにこのキット、「第二回関西オートモデラーの集い」に持って行こうと製作したんですが、このキットが完成したのが大会の前日深夜1時(日付変わってるから当日午前1時か)

ボンネットドアが全部開くかどうかも確認しないまま会場に持って行って、当日会場でぶっつけ本番でフル開閉化。

「会場でドアが干渉して開かなかったらどうしよう」ってハラハラしてましたが何とかフルパカに出来て展示しました。

233.jpg

まあ何とか間に合ってよかったです、会場で塗り忘れのところが多数見つかりましたが…。

Posted on 2014/10/25 Sat. 21:47 [edit]

CM: 2
TB: --

1024

ガレージジオラマ製作記1  

なんか思いつきでガレージジオラマを製作開始しました。

まずは紙でアタリをつけて2.jpg


その紙を型紙代わりに壁を切断。壁は津川洋行のレンガの壁を使用。222.jpg


レンガの壁だけだと息苦しい印象なので0.5mmプラ板の切り貼りで窓の作成444.jpg


ガラスの部分は0.2mmプラ板で作成。それらしくなったかな?でもこれだとバランスが悪いので。11111.jpg

壁に合わせてカットします。222222.jpg

小物関係も並行して作成、今回はDoozy!のSWEETSTYLEの小物を使用、レーザーカットのペーパークラフト作品ですがすごいリアル!技術の進歩ってすごいですね。
11.jpg

ガレージツールはフジミのツールセットを使用。最近よく見かける新金型のやつはツールボックスのガワだけで中の工具が全然入ってないので、リアルさを求める方には旧金型の工具セットをお奨めします。 ええ、何も知らずに新金型のキット買って中身見て愕然、急いでアマゾンで旧金型の奴ポチリましたよ。3333.jpg

初めてのビネット作成ですが、思ったよりも楽しいですね。また作りたいイメージが思い浮かんだら色んな情景にチャレンジしてみたいです。33333.jpg


最後に…

このビネットを作ってると度々、ウチのアビ♀が作ってる模型めがけて突進してきて危うくビネット崩壊の危機が何度も。
毎回ギリギリ間一髪で模型を避けてました。

まあ、作業部屋に猫入れるなってことですね。6666.jpg

Posted on 2014/10/24 Fri. 22:01 [edit]

CM: 2
TB: --

1013

さてと  

以前から興味があったカーモデルブログを始めてみました。

どうなることやら。

Posted on 2014/10/13 Mon. 17:40 [edit]

CM: 0
TB: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。