FC2ブログ

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

1102

AMT 1/25 C4 CORVETTE GS  


毎度お騒がせしますのデル他です。


今回お届けする内容はアメリカはAMTの1/25C4コルベットGS。

C4.jpg

こんな葉書が入ってたので多分当時の初版モノ。

C43.jpg

シェビーガイの自分としては大好きな車種なのでウキウキしながら箱を開けて仮組みすると。

corz.jpg

…どうしましょうこれ、

フォグランプなんか真っ黒の成型の上にプラが回り切ってなくて欠損してる始末。

C44.jpg

これはプラ板で新造するしかなさそうですね、このキットを設計した人は何を考えていたのか。


などと愚痴を言っていても先に進まない、箱を開けた以上作るしかありません。

作りかけのお手つきキットはできるだけ避けるのがデル他のポリシー。

ということで早速エンジンから形にしていきます。
c47.jpg

GSはエンジンが真っ赤に塗られててカッチョエエ。

このままでも飾っときたいくらい。

このセンスは日本車にも欲しいですね。

ボディは600番のペーパーで表面処理したあとクールホワイトを吹いて。

c45.jpg

ちまちまマスキングしていきます。

標準の幅のマスキングテープをセンターに貼ってからそれに沿うように1mmマスキングを貼りつけ、

更にそれに沿うように1mmマスキングを貼ったら、真ん中の1mmマスキングを剥して

1mm幅のブルーストライプを再現して行きます。

メタリックブルーとシルバーを適当に調色してボディ色を作った上からガンガン塗っていきます。                  

                     ↓塗装後がこちら

c46.jpg

レタッチが何か所か必要でしたが、こんなもんじゃないでしょうか。

ガイアのスーパークリア5回塗装→中研ぎ→オーバーコート後4日置いて研いでいきます。

カーモデル最大の鬼門の研ぎ出し、私も大の苦手で展示会でもよく指摘されます。

どうしても柚子肌が残っちゃうんですよね。

研いでも研いでも無くならない柚子肌に私はキレました。

C42.jpg

そこで取り出したるは実車用のコンパウンドセット。

すごいですねコレ、一瞬で柚子肌が無くなっていく、コレお勧めです。

(コンパウンドが強力すぎて角が出たって苦情は受け付けませんのであしからず)

実車用コンパウンドでガシガシ磨いた後、模型用コンパウンド細め→ミクロンコンパウンドと番手を上げて

ボディが仕上がったところで運命のドッキング!


C48.jpg


あれ、エンジンがつかえてボンネットが閉まらない。

このキット、標準だとぴょこっと腰高で間抜けな車高なので足回りを改造しまくって

ついでにシャシーも切り貼りで大幅に手を加えて車高を3mmほど下げたんですが、

シャシーを切り貼りして改造したときに、エンジンマウントの位置までまわちゃったみたいです。

                 でなんとかしようと色々やった結論↓
C49.jpg

潔くエンジンを取っ払ってボンネットを接着!

こっちの方がプロポーションがいい。


でこまごましたパーツを付けて完成した画像がこちら

2cor.jpg


5cor.jpg

8cor.jpg

4cor.jpg

エンジンスタンドは0.2mm透明プラ板で適当につくりました。

かなりギンギンに車高下げたんですが、それでもリアが腰高な印象ですね。

色々と課題の残った作品ですが、まあ無事形になったってことで。
スポンサーサイト

Posted on 2014/11/02 Sun. 21:43 [edit]

CM: 1
TB: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。